ニキビ治療や肌トラブルの改善NAVI│目指せツルリンお肌

専門医

シミを改善する

しみのある顔

肝斑は頬や額に出るシミで、左右対称に出来ることが特徴です。頬骨付近に現れて、外側に広がっていくというパターンが多く、30代や40代の女性に多いことが特徴です。肝斑は、強いレーザー治療を行なうと、悪化してしまうことがあるため、一人一人のシミの状態を判別して治療を行なっています。なお、肌に炎症が出ない程度の弱い力でのレーザー照射は、肝斑の改善率を比較的に上げることができます。美容クリニックでは、肝斑の治療に、様々なものを利用しています。一般的なものが、トラネキサム酸の服用です。トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で肝斑の治療や予防に効果があります。たいてい4週間から5週間の服用で、効果が現れるとされています。

肝斑の治療には外用薬も利用されることがあります。肝斑の治療では、ハイドロキノンやトレチノインとよばれる薬が外用薬として出されることがあります。ハイドロキノンは、メラニンを作る酵素を阻害する効果のある美白成分で、その強さから肌の漂白剤とも呼ばれています。また、トレチノインは、メラニンの排出を促進するという効果があるので、シミを薄くすることが可能です。クリニックでは、どれか一つの治療というだけでなく、内服薬やレーザー、外用薬など複数の治療法を組み合わせて、その人に合った治療を行なっていきます。肝斑の治療を専門で行なっている美容皮膚科や美容整形外科などを訪れて、カウンセリングを受けることで、自分に合った治療法を知ることができます。